大下医院

絡新婦の理(じょろうぐものことわり)







お盆休みが終わり、今日から診療再開です

休み期間は特にすることもなかったので、当院スタッフから借りてた小説を読破しました

「絡新婦の理」 京極夏彦 講談社文庫 (百鬼夜行シリーズ第五弾)

文庫本でこの厚さ 1374ページあります

 

読破と書いたのは、登場人物の数、事件の複雑さ、犯人の意図の分かりにくさ?はヤバいレベルでした

一度ですべてを理解するのは不可能でしたので、再読

二回目は事件関係者や時系列を紙に書きながら、我流まとめ図を作成(貴重な資料のはず/非公表)

その偉業(まとめ図)を眺めながら軽く三回目をナナメ読み・・・素晴らしい

数限りない(そしてわかりにくい)伏線が散りばめられ、しかし、プロットは完璧

(この本の面白さは多くの人には伝わらないなーとは思いました)

ただ、活字中毒の私、年間何冊の本を読むかわかりませんが、この本、過去3年間の小説部門でベスト!

新着リスト

2021/04/11 コラム

春先の雑用

2021/03/26 コラム

2021年 プロ野球開幕!

2020/11/11 コラム

雑感、カープ最終戦

2020/08/27 コラム

2020.8.26『Futures』リリース

2020/08/10 コラム

カープ2020

2020/07/16 コラム

MAN WITH A “BEST” MISSION

2020/03/30 コラム

コロナ渦の中で

2019/12/29 コラム

仕事納めの日

アイコン